神津島の黒曜石・オブシディアン

2021/04/22
神津島産の黒曜石

 今回紹介する写真の石は、日本の伊豆諸島に在る神津島産の黒曜石・オブシディアンです! 神津島産の黒曜石と言うと、縄文時代の3万8千年ほど前の縄文遺跡、井出丸山から発見された世界的にも今注目されている黒曜石・オブシディアンです! 

 なぜ世界的に注目されているかと言うと、3万8千年前に、伊豆諸島の大島、新島のさらに先にある神津島へ船で渡り大量の黒曜石を持ち帰っていたということらしいのですが、私が思うにもっと凄い事に、この黒曜石は日本各地の縄文遺跡で見つかっていることです。 これって千葉県の琥珀が新潟のヒスイと交換されていたのと同じで神津島産の黒曜石もヒスイなどと交換されていたという事で縄文時代の3万8千年前に商売をしていたということですよね! 

 昔、私が教わった縄文時代は原人の様な暮らしをしていたと言うのは噓だったようです。

 神津島産の黒曜石は磨くと、とてもキレイに光り、光を通せば黒と透明な縞模様が現れます! そのためか日本各地に渡り大変重宝されたようです! 神津島へ一度行ってみたいですね~! こんなキレイで縄文時代のロマンを感じる神津島産の黒曜石を是非一度いしあたままで見に来てください! お待ちしております。

 いしあたまでは、様々な天然石アクセサリー(指輪、ネックレス、ペンダントトップ、ブレスレット、ピアス、等々)原石、化石、隕石、天然石の浄化グッツなどを取り扱っておりますのでお近くにお越しの際は是非一度お立ち寄りください! 心よりお待ちしております。

 いしあたままでのアクセスは、JR総武線新検見川駅北口を出て、千葉銀行となりのバスターミナル(30m程)へ向かい京成バス、さつきが丘団地行きに乗り、二つ目の停留所(朝日ヶ丘中央)で下車(100円)して目の前にいしあたまが在ります。 JR総武線新検見川駅北口を出て徒歩でも15分程でいしあたままで着けますよ! お待ちしております。